Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://littlecosmos.blog3.fc2.com/tb.php/79-10cb6d8f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

レビューには少々遅すぎやしないかね?

 晃さんって本当にウンディーネだったんd(撲殺)
 い、いや、あの思った事はたとえ相手がアクアの大統領だろうとストレートに言ってしまいそうな晃さんが、接客業してるところって想像出来なくて…
 しかし、いや、見事なものですな。物腰こそは柔らかでも、自分の主張ははっきりと言ってる。それで少々客を不快にしても気にしない。それはその方が客に楽しませられるから。こういう接客の仕方もあるんだなぁ…

 で、お客様の新婚さん。ウンディーネ大好きノリノリハイテンション奥さんに、そうでもない上、根が真面目なもんだからついついガイドブックに目がいっちゃう夫。こうも典型的だとかえって好感が持てるのがARIAなところ。
 きっと、ハネムーン先を決めるときも、
夫「ハネムーン?別に何処でもいいだろ?」
奥「それじゃ、アクアにしましょうよ!いいでしょ?ね、ね、ね?」
見たいな感じで決ったのでせう。

 ときに同乗を断られたら、3人はあそこで置いてけぼりだったのだろうか?

 花代とかチケットの予約とか、とんとん拍子に話が進んでるけど、具体的な所はどういうシステムになってるんだろう?
 花代はサービスとしても、チケットはウンディーネ側が立て替えて、後から請求が来るんだろうか?こまかい時間帯とかどうやって決めるんだ?この感じだと、ウンディーネ側任せっぽいなぁ…

 マリア像は絶妙のフォローだよなぁ。ガイドブックと旦那様の二重のフォローでさ。

 「ゴンドラ通りまーす!」って伊語でなんて言うんだろう?「スパッタカミーノ!」みたいに、伊語の方が雰囲気出て良いかも。

 そして、本性後輩特訓モードを遂に現す晃さん。こうなったら、お客様にも躊躇い無くタメグチです。こういう竹を割った様にはっきりとしたTPOの使い方には憧れますね。

 知り合いと世間話を始める灯里…これはこれで使いようによっては、
「あちらの方はシルフという職業の方で、アクアでの荷物の配達を一手に引き受けてるんですよ。」
てな具合で灯里式ガイドの出来上がりだと思うんだがなぁ…
 まぁ、説明に入るタイミングだわな。挨拶あたりで切り上げとかなきゃ。

 晃と絡むと休憩担当になるアリシアさん参上。
 お客様の分のケーキとティーカップは、先輩2人の分なのだろうか。(汗)
 この葉っぱ代の請求はアリシア→晃→新婚さんという経路なんだろうか…

 しかし、ここまでフランクな客との付き合いってどうなんだろ?w

 ヴェネチアの地理はメッチャ複雑らしいですからねぇ~…新しい道を探そうとなれば苦戦は必死。灯里はバック専任だな。

 ガイドブックを置き、初めて晃さんに向かい合う夫。晃さんのセリフと相まって、今回の見せ場ですね~。厳しい口調で背中で語る晃さん。くぅ~、漢の背中だ先輩の背中だ!

 使われていない廃屋の中を進む…何だかまるでアトラクションみたいでちょっとした冒険気分だね♪
 何故だか、こういうシチュエーションだと、この先に何があるんだろう的なワクワク感を無性に感じてしまうのもARIAなんだよなぁ。
 古びた廃屋の出す、プチ歴史的な雰囲気がそう感じさせるのか…こう、この古びた廃屋の辿った歴史は云々とかじゃなくて、古びた廃屋がある。その中を進む。ただそれだけで妙にワクワクしてきません?
 灯里達はそれどころじゃなかったろうけど…(汗)
 ピッキングのご都合主義についてはとやかく言うまい…言うまいが…素人がしかもあの体勢でこじ開けるなんていくら古い鍵でも無理があると思いまーす!

 僕は、反省しても頑張らないからなぁ…はっはっは。(爆)
 こういう厳しさを理解してくれる出来た後輩がいるって事は感謝すべき事だと思うよ、晃さん。
 理解できなかったら悲惨だからね~…僕は未だに理解できなくて、未だに恨んでる先生がいる。

 ガイドブックを忘れて帰る最期の演出も良いなぁ…
 こうして、アメリ、アラシ夫妻はガイドブックには載っていない本当の観光をしたのでした♪『観光はガイドブックで起こってるんじゃない!現場で起こってるんだ!』(誤爆)って、名前あったのかよ!この2人!

 む~、何時に無く、丁寧なレビューをしてしまった…冗長で申し訳ない。

 でもって、次回は2本立て!イカしたアイツがやってくる!
ついでにアルの出番はまだ保留!!!

 何をするのも遅すぎるって、僕も昔から散々言われてきたけど、結局直らなかったなぁ…こっちは普通にしてるだけだし。残ったものは「どうして遅いといけないの?」というトラウマだけだ。

 では、この辺で…
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://littlecosmos.blog3.fc2.com/tb.php/79-10cb6d8f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

jima

  • Author:jima
  • FC2ブログへようこそ!
足跡代わりにお気軽にTB、コメント、リンクをどうぞ♪…お願いします…

カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。