Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://littlecosmos.blog3.fc2.com/tb.php/27-8b2a63b8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

10年描いてると他の漫画とか描きたくならないのかな?

 キング・オブ・バンディット・ジン7缶読了~。
 相変わらず話運びが強引だったり、わけ分からなかったりするが、そんな事はお構い無しにもう目一杯堪能!!!

 廃墟が舞台になると、盛者必衰の理がテーマになってくる。
 この世の全ては死の前に等しく無価値である、という虚無感は誰しも一度は感じるもの(だよね?)。特にこの話の虚無感は熊倉先生の心象そのもののように思える。
 全ては空蝉だという虚無が黒い鵞絨のように世界を覆い尽くさんとする時、ジンはそれを否定する。
「この世界が賛美に値するかぎり、王ドロボウは盗み続けるよ」と。この賛美に値する世界を、虚無などで覆い隠してはいけないのだと。
 それは、生きる勇気。
 その境地に至るまでの葛藤の過程が無く、ジンの存在そのものがそれを意味するところから、ジンという存在に熊倉先生自身も救われているところがあるのかもしれない。

 10周年という事で、熊倉先生も色々と意識するところがあったようで。ジンの行動原理、存在意義に対して、何時に無くハッキリとした主張を聞けたのは嬉しかったよ。

 やはりJINGは格好いい。これからも応援していきたいと思う。…待つのにえらい時間がかかるのはアレだが。

 セブンスヘブンDXもさっと堪能。アニメは原作のクオリティに引き摺られてる感があるが、やはり、エル・スールが嬉しい。サザン・コンフォートの王様大好き。

 JiNGは作画に評価が集まりやすいので、逆らって、ストーリー考察チックに書いてみた。(生意気な)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://littlecosmos.blog3.fc2.com/tb.php/27-8b2a63b8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

jima

  • Author:jima
  • FC2ブログへようこそ!
足跡代わりにお気軽にTB、コメント、リンクをどうぞ♪…お願いします…

カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。