Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://littlecosmos.blog3.fc2.com/tb.php/146-f397c4db

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「やっと…2人きりになれましたね…」

 ノルブのサクヤに対する独占欲に関する考察。
 サクヤを隔離していたのは、ノルブの独占欲である。こう考えた方が単純明快かつ、個の意思が世界を動かすサブカルの世界において適当であると感じられる。
 仮に、ヴォダラク教に翻弄されるしかなかった少年であったとしても、サクヤを外の世界へ連れ出そうという発想が出てこなかったのは、彼がヴォダラク教徒であると同時に、世界からサクヤを独占したいという、独占欲が働いていた可能性もあるのである。
 更に邪推すれば、彼の辛口の宗教批判も全て、サクヤに対する独占欲から来たものだと考えられるのだ。
 つまり、サクヤが壊れたのは、みーんなノルブのせいだって事。

…と、こういう事を書いていると、
0217060602_7.jpg
2人は幸せだった!それで良いじゃないか!?
その真実を汚すようなまねはするな!!!!

と、自分の中の何かが叫ぶので、この考察は廃棄処分で。
 それに、ノルブが40年間風呂に入らなかった理由。
 ヴォダラク教では外の世界を垢だと言っていました。
 そこにきて、垢まみれのノルブ。これは、きっと、サクヤが世界を見られなかった分も、自分が世界=垢にまみれようという考えから来ていると思われます。
 そう考えると、やっぱりノルブはサクヤに外の世界を見せたかったんだという事がわかります。差し詰め、垢がお土産?(笑)(結局その垢は洗われちゃいましたが…)

 まぁ、結論すると、ノルブの独占欲は、やや行き過ぎた宗教批判に、それが見え隠れする程度のものだったと言えますね。決してサクヤを閉じ込めようとしていたわけじゃなかった。

 しかし、教徒の行動で分からんのが、ヴォダラクという精神状態について。この状態になる事で第十かんかいへ旅立てる、というのがヴォダラクの教え。(だと思う。)
 にもかかわらず、ヴォダラク教徒がした事は隔離する事。これで本当にヴォダラクになれると思っていたんだろうか?サクヤは聖女だから、最初からヴォダラクだと考えていた?だとしたらとんでもない勘違いをしていた訳だ。
 その結果の失敗。これだから、考える事をしない宗教家は…

 さて!それは兎も角、今回は戦闘メイン!!戦闘シーンが少ない作品だから、その分気合の入ってるやつを頼みますよ~!!!!でなきゃ呪うぞ。

 エウレカのただれは残しつつも、目立つ所は殆ど消えたって感じですね。自分の人生の一部の証だけれど、いや、証だからこそ、好きな人の前では見せたくない。という微妙な乙女心が表れてますな。

0217060602_0.jpg
 はい!今週のヘタレ男№1ドミニク!
 今まで拒絶していた薬を、自ら打つほどに追い詰められたアネモネを見て、彼は何を思うのでしょう。「何故そこまでデューイに尽す?」ようやくその疑問にたどり着いた頃かな?

 欠けていたもの…やっぱり、僕は「世界」だと思うなぁ…

 BGMがアーマード・コアっぽい(笑)。

0217060602_1.jpg
 まさかの空中ランデブー。やると思ってたけど!
 死亡フラグ立ってるっぽいキャラにわざと危ない目にあわせるなんて!何て憎い構成なの!?…覚えておこう…(ぉ

 オレンジにより傷つく大地。アネモネ、エウレカは例によって頭痛。一方サクヤは、はっとするだけ。この違いは…う~ん…サクヤの状態の違い?ぐらいしか思い当たらん。

 信じる力って凄いね♪抗体コーラリアン拝めるんだもん。(嘲笑)

0217060602_2.jpg
 サクヤのMyBook。最初のページと最後のページにハートがあるだけ。つくづくこの娘の世界にはノルブしかいなかったんだなぁと思う。それだけで、充分だったのかもしれないけれど…だけど…

0217060602_3.jpg
 ホランドのコンパクドライブが赤く!!こ、これって使用者に後遺症とか出るやつじゃなかった??!!
 しかし、赤は強かった!流石は赤!!見事なアクロバティックでした。
 そして、本日の目玉!ホランドv.s.アネモネ!
 Spec2の時の様な圧倒的な回避ではなく、テクニカルに辛うじてかわしている感じがイイ!!!!

0217060602_4.jpg
 ホランド撃墜!!!!!!!でも大丈夫。この作品、グロい死に方しかできないから♪
0217060602_6.jpg
ね?後は後遺症の心配だけ…
 でも、ホランドこれから何に乗るんだろ?

 必死に戻ろうとするレントンの脳裏に、タルホ、アクセル、ドギー、マシュー、ハップ、ストナー、ウォズ、ジョブズ、ケンゴー、ゴンジー、ヒルダ、ギジェット、ミーシャ、そして…チャールズとレイ…
…ホランド…
「出会いで人は変わり、進んでいく。別れもまた然り。」ノルブの言葉が思い出されます…
 沢山の人々への思いを胸に…
「飛べ!ガロード!!」
…ごほん…
0211011040_4.jpg

「行こう、エウレカ!…みんなの為に!!」
 見事なまでに最高潮!!

 どうやら、ゾーン内にはトラパーは無い様子。その為の飛行形態か?レントンも「初めからそうなる様になっていたかのように馴染む。」みたいな事言ってたし…じゃ、何のためのSpec1だったんだろう?未完成だったって事なんだろうか?…

0217060602_5.jpg
 対となった2組。そして、対のいないアネモネには…謎のビジョンが…両親?アネモネは最初人間だった?それを改造して疑似人型コーラリアンにされた?
 なら…チョーカーを外せば…人間に戻れる…ほど甘くは無いわなぁ…

0217060602_8.jpg
 ゾーンを抜けると…そこは…日本!?いきなりそこのネタバレからいくか!!これなら、ゾーンにトラパーが無いのも、元地球人のレントンに飛行形態が馴染むのも納得できますね。
 いや~、てっきり、また“かんかい”を彷徨うのかと思ってたよ…
 でも、何本も柱の様な物があり、普通の地球とは当然違う様子…なんか、この作品、夢オチの様なオチなんじゃないかという気がしてきた(汗)。

 といったところで、つづく!
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://littlecosmos.blog3.fc2.com/tb.php/146-f397c4db

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

jima

  • Author:jima
  • FC2ブログへようこそ!
足跡代わりにお気軽にTB、コメント、リンクをどうぞ♪…お願いします…

カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。