Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://littlecosmos.blog3.fc2.com/tb.php/104-4bdbfb82

-件のトラックバック

[T10] 交響詩篇エウレカセブン 第37話「レイズ・ユア・ハンド」 ⊂二二二( ^ω^)二⊃

今回はマスコミを使った情報戦です。デューイの三文役者ぶりがワロスwww

[T11] 交響詩篇エウレカセブン第三十七話 レイズ・ユア・ハンド

 年始放送から、いきなりエンジン全開のエウレカセブン。いつもは大体一回の視聴で理解できるんですが、今回ばかりはビデオで見直してからようやく理解。正月ボケの頭にはきついもの

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「考えてそうで、考えてない顔ばっか!」

 情報戦完全敗北しましたね~…まぁ、今にして思えば、メディアが主人公の味方になる事ってそうそう無いような?
 まぁ、アムドライバーは兎も角、スターシップオペレーターズあたりじゃ、大人の小汚い小細工としても描かれていたし、不利なぐらいが丁度いいんでしょう。
 真実がそういうポジションにおかれやすいのは、メディアの危険性を強調したいから。人類は歴史上、嫌と言うほどそれを味わってきましたからね。
 しかし、昔、この真反対の予想を立てていた自分が恥ずかしいぞ。(汗)
 それにしても、アゲハ隊のやり方を批判しまくる癖に、それがデューイへの批判になかなか繋がらない(疑念程度はあるんでしょうが)ドミニク君。ホランドがヘタレ返上したので、今週のヘタレ男№1の座をほしいままにしています。…しっかりしてくれよ…アネモネにまであんな笑われ方しちゃってさぁ…(泣)

 さて、遂に実現!「ノルブ×トレゾア研対談」!!!
 対談って言葉だけでゾクゾクしちゃいますが(←対談好き)、内容は…まさに、飛び交う専門用語の嵐!!!
 何回も見直したいところですが、今回録画出来てない上、わざわざそんな事をしなくても有難い考察サイト様が分かりやすく説明してくれているので、一般視聴者の感覚としては、「何とかしなきゃ、今にも世界が滅びそう。」という危機感が感じられればそれでよいのでしょう。

 個人的にピンと来たのは、エウレカが飛びたがっている理由が納得できたことかな。
 トラパーから逃れたがっている=人になりたがっている。っていう事。
 ただ、ニルヴァーシュもそれを望んでいるというところが引っ掛かる。これは、エウレカがコーラリアンとしてスカブに帰る以外の解決策があるという事か…?
 ん、いや、単に、LFOは人型コーラリアン(とその対)をフィードバックする存在だというだけでせう。

 対談も終わって、お役御免とばかりに帰るトレゾア研の皆さん。
 自分達の作った兵器が起こした惨状を見ても、何の感慨も無かったようで。(…腹は既に括っていた?…ようには見えないよなぁ…)
 「結果は使い手側の責任」という、無機質ささえ感じる割り切り方には、ある種達観している様にも見えます。
 まぁ、事実、科学技術なんてものは、一部の研究者が活動を止めたからといって、科学技術の進歩が止まるなんて事はありえないわけで。
 「自分達がやらなくても、他の誰かがどうせやっちゃうんでしょ?だったら、そんな面白そうなもの誰が譲るか!」って発想に行き着くのは分からんでもない。
 アクセルが拒否した事も、個人的なヒューマニズムであって、全体から見れば自己満足しか残らない。とも見れるわな。
 まぁ、作り手側が必要としたのは研究者としてのキャラであって、そこに活動家としての側面が入り込んでも邪魔にしかならない訳で。抵抗できてもせいぜいアクセルぐらいなんだからあまり苛めない事にしましょう。

 ま、アインシュタイン曰く、「合理的に思考したからといって、社会生活に生じる問題が全て解決できるわけではない。」
 この言葉をゲッコーステイトに拉致されていたトレゾア研の皆さんに送っときましょう。

 つーかさー、理科離れに対して、研究者のイメージアップを図らねばならん現状において、こういうステレオタイプをメディアで流されるのは、科学教育を推進する側としてひじょーに迷惑なんだがなぁ…

 エウレカセブンは勿体つけるのが好きなので、視聴後スッキリする事は滅多に無い。
 でも、スッキリする時には(謎が解けたという意味ではない)そのギャップも手伝ってすっげースッキリするんだけど。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://littlecosmos.blog3.fc2.com/tb.php/104-4bdbfb82

2件のトラックバック

[T10] 交響詩篇エウレカセブン 第37話「レイズ・ユア・ハンド」 ⊂二二二( ^ω^)二⊃

今回はマスコミを使った情報戦です。デューイの三文役者ぶりがワロスwww

[T11] 交響詩篇エウレカセブン第三十七話 レイズ・ユア・ハンド

 年始放送から、いきなりエンジン全開のエウレカセブン。いつもは大体一回の視聴で理解できるんですが、今回ばかりはビデオで見直してからようやく理解。正月ボケの頭にはきついもの

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

jima

  • Author:jima
  • FC2ブログへようこそ!
足跡代わりにお気軽にTB、コメント、リンクをどうぞ♪…お願いします…

カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。